入浴検定 公式テキスト お風呂の「正しい入り方」

11月18日のジョブチューンでは

正しいお風呂の入り方として早坂信哉さんが

ヒートショックや冷え性、乾燥肌に

おすすめの正しい入浴法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ヒートショックを防ぐ方法

ヒートショックによって浴室で死亡する場合があります。

ヒートショックを起こさないために

脱衣所・浴室は暖かくしておきます。

 

また、入浴の際は足元からかけ湯を行い

湯船から立ち上がるとき位はゆっくり上がってください。

 

入浴は毎日行う方がよい

入浴は毎日全身浴を行う方が

シャワーのみの方よりも

1.85倍も要介護になる確率が低くなります。

 

冷え性改善の入浴法

38℃、40℃、42℃で10分入浴した場合

40℃のお湯が温かい効果が高かったです。

また、時間も10分がちょうどよく

5分だと短くてそれ以上だと熱中症の危険性があります。

 

また、ゆずを入れると60分体を温かくする効果があります。

スポンサーリンク

乾燥肌によい入浴法

時間がポイントとなります。

10分以下で入浴するのがおすすめです。

温度も40℃以下でOKです。

 

美肌の湯の温泉も10分程度がおすすめです。

必要な皮脂をはがしとってしまいます。

 

一番風呂は要注意

一番風呂は塩素が残っており

皮脂を余分にとってしまうので

乾燥肌の人は要注意です。

 

レモン汁を小さじ1程度入れることで

塩素を中和してくれるので

乾燥肌の人におすすめです。

なければ入浴剤で大丈夫です。

 

また、タオルは押さえて拭いて

入浴後10分以内に保湿するのが大切です。

 

美肌になる入浴法

42℃で10分入浴すると

ヒートショックプロテインが出て

新陳代謝を促してくれて美肌になります。

 

ただし、毎日行うと効果がなくなるので要注意です。

 

疲労回復におすすめの入浴法

疲労回復には炭酸ガスが出る入浴剤がおすすめです。

 

おすすめのお風呂グッズベスト3

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク