衣類の洗濯・収納・お手入れ便利帖

11月27日のヒルナンデスでは

プロに教わる冬の洗濯の悩み解決として

森三中と久保田磨希さんが

冬の洗濯方法を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

乾きにくい衣類の確認方法

洗濯物の確認には両手を使います。

厚手の洗濯物を両手ではさんで少し温めて、湿っていなければ乾いています。

トレーナーなど厚手の洗濯ものが乾いていれば、他も取り込んで大丈夫です。

 

ただし、取り込んだら、すぐに畳まずに

1時間ほど室温で少し温めて収納するのが正解です。

 

衣類に残っている微量の水分が抜けて

タンスの中で菌が繁殖しにくくなります。

 

外干しor中干し

冬は乾燥した風が通る外干しがおすすめです。

さらに紫外線に当てることで除菌にもなります。

ただし、色あせするものは陰干しや部屋干しの方が傷みません。

 

部屋干しする場合は、浴室乾燥機を利用すれば

早く乾くので菌の繁殖を抑えられます。

 

部屋干しで早く乾かす方法

太めのハンガーと扇風機を使います。

厚めののハンガーにかけると襟元に空気が通りやすくなり

さらに間隔をあけて干すことで速く乾きます。

 

シーツのは、物干しざおに二つ折りにしてかけます。

重めのハンガーを中にくぐらせ

テントのようにして風の通りをよくします。

 

厚手のラグ・毛布などは左右をずらし

先端が下に三角形状になるようにします。

 

スポンサーリンク

セーターの洗い方

①少量の液体洗剤と水を混ぜて、洗濯液を作ります。

 

②洗濯ブラシに①の洗剤をつけて

襟などの汚れが目立つところをトントンたいて約10分置きます。

 

③たらいに少量のおしゃれ着用洗剤と

約30℃のぬるま湯を混ぜ合わせます。

 

④畳んだセーターを③の中に入れ

30~40回ぐらい押し洗いにします。

 

⑤新しいぬるま湯で30回程度すすぎます。

 

⑥2回すすいだら、優しく絞り

バスタオルで挟んで水分を取ります。

 

⑦最後に形を整えて平干しにします。

乾いたらアイロンのスチームをかけて

風合いを戻せば完成です。

 

まとめ

冬は服が乾きにくいですよね。

やってみたいと思います。

 

スポンサーリンク