ディメール 八戸前沖さば 鯖の冷燻 5枚パック 半身1枚約110g 表面は香ばしく、中はしっとりジューシー生ハム食感

11月19日のヒルナンデスでは

森三中の大島さんと

ユッキーナこと木下優樹菜さんが

秋の行楽弁当として秋さばを使った

サバのりんごみぞれ酢

の作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

サバのリンゴみぞれ酢のレシピ

リンゴジュースが臭みを消してくれます。

 

材料

サバ・・15g

パプリカ(赤・黄・緑)・・各1/8個

リンゴジュース(無糖)・・75cc

酢・・40cc

砂糖・・40g

薄口しょうゆ・・40cc

大根おろし・・大さじ1

おろし生姜・・小さじ1/3

水溶き片栗粉・・適量

 

作り方

①さばを半身にして小骨を取り除きます。

切り身でもOKです。

 

②さばを食べやすい大きさ約15gに切ります。

 

③パプリカ3色を細かく切ります。

赤パプリカとサバは相性抜群だそうです。

 

④サバを強火で2分焼いて水分を飛ばし旨味を閉じ込めます。

スポンサーリンク

⑤リンゴジュース、酢、砂糖、薄口しょうゆを合わせた鍋を火にかけます。

 

⑥沸騰したら大根おろし、おろし生姜を加えてたれをみぞれ状にします。

 

⑦水溶き片栗粉でとろみをつけます。

しっかり沸かすことでとろみをかためにします。

 

⑧あんに刻んだパプリカを入れます。

 

⑨焼いたサバにかけたら完成です。

 

まとめ

お弁当大変ですよね。

ぜひ参考にしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク