[お徳用」 小籠包(ショウロンポウ)30個入 【満月廬】

4月9日のヒルナンデスでは

人気店の作り方を

イチから教えてもらうコーナーで

京鼎樓の小籠包の作り方を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

京鼎樓の小籠包のレシピ

 

材料

<皮凍>

豚の皮

豚の足

鶏の足など

 

<肉だね>

国産豚肩肉

国産豚もも肉

豚の背脂

ごま油

ねぎ

生姜

台湾しょうゆ

 

ブラックタイガーの殻

桜えび

サラダ油

 

<生地>

 

 

作り方

①皮凍(スープ)を作ります。

豚の皮、豚の足、鶏の足などを2日煮込み

コラーゲンを抽出します。

 

②保存容器に入れて冷蔵庫で冷やします。

 

③②を包丁で切り細かくします。

 

④肉だねを作ります。

豚の背脂、ごま油、ねぎ、しょうが

台湾しょうゆ、塩を混ぜ合わせます。

 

⑤混ざったら豚ひき肉を入れて混ぜます。

粘りが出すぎる前に取り出します。

 

⑥冷蔵庫で一晩寝かせます。

 

⑦海老の殻を油で揚げて海老油を作ります。

 

スポンサーリンク

⑧桜えびをミキサーで粉砕します。

 

⑨肉だねと皮凍を混ぜて海老油を加えて

さらに桜えびパウダーを加えて混ぜます。

 

⑩生地を作ります。

作った生地は伸ばして半分に切ります。

 

⑪肉だねを包みます。

 

⑫せいろに入れておきあみをのせて

6分蒸しあげれば完成です。

 

まとめ

ぜひ参考にしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク