決定版 武田双葉式 ボールペン字&筆ペン字練習帳

11月23日のヒルナンデスの

美文字になりたいんデスでは

武田双龍先生がが上手く見えるコツを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

美しい漢字のコツ

「小倉優子」という漢字を書くことで

美しく見えるコツが学べます。

 

漢字を美文字にする法則

正方形に収める

漢字を正方形に収めるととで綺麗に見えます。

だいたい縦長になってしまうので

間延びした印象になってしまいます。

 

漢字のヘンとツクリが離れていると

心が広いという性格診断もできます。

ただし、隙が多いということでもあるそうです。

 

右方向に広がらない

ついつい右側に広がりがちになってしまいますが

それを意識して広がらないようにします。

 

普通の人は右に寄ってしまうのですが

左に寄ってしまう人は

ポジティブな性格だそうです。

スポンサーリンク

画数の少ない漢字は小さくする

画数の少ない文字は画数の大きい文字よりも

大きく見えてしまう傾向があります。

そのために画数の小さい文字は小さめに書くのがポイントです。

 

「小倉優子」では「小」と「子」を小さめに書きます。

こうすることで大人っぽい文字になります。

 

まとめ

美しい文字の方がいいですよね。

やってみたいと思います。

 

スポンサーリンク