テレビ

【林修のニッポンドリル】和菓子第3弾!林先生が厳選した絶対に喜ばれる手土産!鹿の子餅!あんず大福!黒豆寒天!【11月14日】

花園 (小) 20個入り 京都 和菓子 詰め合わせ ギフト プチギフト プレゼント 贈り物 お土産 海外 人気 定番 お中元 お歳暮 

11月14日の林修のニッポンドリルでは

林先生がおすすめする和菓子第3弾として

絶対に喜ばれる手土産

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

芳光「わらび餅」

1日に1000個が完売する

究極のわらび餅です。

モチモチの弾力があるのがポイントで

北海道の十勝産の小豆を使用しており

きめ細かいかおり高いきな粉も特徴です。

 

鍵善良房「くずきり」

1日で600杯売れる極上のくずきりが紹介されました。

こちらに行かなきゃ食べられないくずきりで

とにかく鮮度が命のくずきりです。

お取り寄せは一切できなく

喫茶室でしか食べられません。

 

小泉純一郎さんも通うお店です。

製造直後は透明なのに15分も立つと白くなってしまいます。

 

不和福寿堂「鹿の子餅」

北陸の未体験のふわふわ食感のお餅です。

もち米を使っているので白玉と同じジャンルですが

めちゃくちゃふわふわで

口の中に入れると溶けてなくなってしまう軽さです。

 

ひいた餅米を銅製の鍋で加熱して煮詰めます。

0.5%の水分量の違いで全く違うそうで

卵白を入れることで究極のふわふわ食感になります。

スポンサーリンク





果匠正庵「あんず大福」

長嶋家が愛する東京銘菓の果匠正庵さんの

あんず大福が紹介されました。

杏とあんを2層で包むことで

口に入れた時に初めて杏の酸味とあんこの甘味が混ざり合うので

それを楽しむのがポイントだそうです。

 

黒豆さらさら

長嶋家が愛する黒豆寒天です。

1日50個作っても売り切れるそうです。

北海道産の黒千石という黒豆を使っており

小さい粒で表面積が大きくなるので

濃い煮汁をとることができます。

 

黒豆の芳醇な味わいを出すために

丸2日かけて旨味を抽出します。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です