筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

11月11日の健康カプセルゲンキの時間では

間違いだらけのトレーニング大改造として

正しいトレーニングの

やり方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

スクワットはゆっくりやる

スクワットを素早く行うと

筋肉にはあまり負荷がかかりません。

また、膝への負担も大きくなってしまうので

ゆっくりと行うことがポイントです。

 

筋トレは毎日行わない

筋肉は筋トレによって傷ついてから

修復されるときに大きくなります。

そのため筋トレをして筋肉痛があった場合は

2日間ほど休ませてあげるのがポイントです。

 

ウォーキングは筋力アップに効果なし

筋トレのためにウォーキングをしても

筋力アップには効果がありません。

ウォーキングは遅筋という筋肉を使って歩きます。

遅筋を使っているときは速筋が休んでいる状態です。

 

つまづきを予防するには遅筋ではなく速筋が重要ですので

筋トレも合わせて行うことが

下半身の筋力アップにおすすめです。

 

筋トレ時に呼吸を止めない

筋トレの時に呼吸を止めるのは危険です。

呼吸を止めて力を入れると急激に血圧が上がってしまうので

高齢の方は血圧の急激な変化に体が追いつかない可能性があり

突然死の危険性があります。

 

安全筋肉トレーニング法

スポンサーリンク

ひざ付き腕立て伏せ

①ひざをつけた状態で3秒かけてゆっくりと肘を曲げます。

 

②下で1秒止まります。

 

③3秒かけて元の姿勢に戻ります。

 

声を出して数を数えることで

自然と呼吸ができます。

 

1日10回を1セットとして

週3~4回行ってください。

 

もも上げ

①太もももの前側に力を入れて3秒かけてももを上げます。

 

②1秒止まります。

 

③3秒かけて元の姿勢に戻ります。

 

左右交互に上げた足が床と平行になるように行います。

ウォーキングの途中に左右10回1セットを行います。

 

ゆっくりスクワット

①脚を肩幅に開きます。

 

②上半身を前に倒すように3秒かけて膝を曲げます。

 

③下で1秒止まります。

 

④3秒かけて元の姿勢に戻ります。

 

ひざがつま先より前に出ないように注意します。

1日10回1セットを週3~4回行います。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

筋トレには食事も重要でたんぱく質が必要です。

私はザバスのチョコレート味を低脂肪乳に溶かして飲んでいますが

ココアみたいで美味しいですよ。

 

スポンサーリンク