JA全農長野 JA中野市えのき氷 10パック

11月4日の健康カプセルゲンキの時間では

きのこ四天王として

きのこのの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

きのこの健康パワー

きのこは食物繊維が豊富で

余分な糖分、脂質分を腸で絡めて排出してくれるので

血糖値が上がりにくいのが特徴です。

 

きのこの健康パワーを摂るためには

洗わないで使うのがおすすめだそうです。

 

ぶなしめじの健康パワー「飲みすぎ」

ぶなしめじは肝臓にいいきのこです。

ブナシメジにはナイアシンが含まれており

アルコールの分解をサポートしてくれます。

また、アルコールを代謝してくれるオルニチンが

シジミの5~7倍含まれています。

 

しいたけの健康パワー「疲労」

しいたけは疲労におすすめのきのこです。

ビタミンB群には疲労回復効果があり

しいたけはキノコの中でも含有量が多いです。

 

まいたけの健康パワー「免疫」

マイタケには免疫力を高めるβグルカンが豊富で

まいたけ特有のMDフラクションが

さらに免疫力を高めてくれます。

 

えのきだけの健康パワー「メタボ」

えのきにはメタボに効果的なきのこです。

えのきに含まれているキノコキトサンが

摂取した脂肪の吸収を抑えて分解を促進してくれ

血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。

 

メタボや動脈硬化などの

生活習慣病の予防・改善が期待できます。

 

えのき氷のレシピ

 

材料

えのき・・300g

水・・400cc

スポンサーリンク

作り方

①えのきの石づきを除いてざく切りにします。

 

②水と一緒にミキサーに入れて撹拌しペースト状にします。

 

③弱火で1時間煮詰めます。

 

④粗熱を取って製氷皿に移して冷凍庫で凍らせます。

 

⑤凍ってしまえば完成です。

 

きのこは細胞壁がしっかりして壊れにくいので

キノコキトサンは細胞壁の中にあるため

よく噛まないと細胞壁が壊れずにそのまま排出されてしまいます。

 

ミキサーで粉々にして細胞壁が壊れるので

えのき氷はキノコキトサンの吸収率がアップします。

 

サバとブナシメジのアクアパッツァ風のレシピ

おすすめの食べ合わせです。

 

材料(2人分)

さば(半身)・・2切れ

ブナシメジ・・100g

あさり(殻付き)・・100g

ミニトマトなどのお好みの野菜

白ワイン・・50cc

水・・100cc

塩・・適量

こしょう・・適量

 

作り方

①フライパンでサバの両面を焼きます。

 

②白ワイン、アサリ、水を加えて約5分煮ます。

 

③ぶなしめじ、野菜を加えて2~3分煮ます。

 

④塩と黒こしょうで味を調えて完成です。

 

マイタケと生姜の粕汁のレシピ

沸騰させないように作るのがポイントです。

 

材料(2人分)

しょうが(すりおろし)・・小さじ2

まいたけ・・100g

にんじんなどのお好みの野菜

だし汁・・400cc

酒粕・・40g

味噌・・大さじ1

塩・・少々

青のり・・適量

 

作り方

①だし汁としょうがを沸騰させないように約10分煮ます。

 

②まいたけ・野菜、調味料を加えて完成です。

スポンサーリンク

しいたけとアーモンドのヘルシーチャプチェのレシピ

美肌とコレステロール低下が期待できます。

 

材料(2人分)

アーモンド・・20g

しいたけ・・120g

しらたき・・400g

豚肉・・100g

小松菜などのお好みの野菜

ごま油・・大さじ1

味噌・・大さじ1

オイスターソース・・大さじ1

しょうゆ・・大さじ1/2

塩・・適量

黒こしょう・・適量

白ごま・・適量

 

作り方

①中火で豚肉を炒めます。

 

②しいたけ、アーモンド、野菜を加えます。

 

③しらたきと調味料を加えて炒めます。

 

④最後に白ごまを加えて完成です。

 

まとめ

まいたけがメタボに効果があると思っていましたが

実はえのきだけもすごかったんですね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク