秋バテ予防の食べ合わせレシピ (ボブとアンジーebook)

9月30日の健康カプセルゲンキの時間では

猛暑の後に増える秋バテ対策として

自律神経を調えるちょい足しの

やり方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

秋バテとは?

秋バテとは猛暑の時に起こりやすい秋の不調で

夏にクーラーをつけっぱなしにしておくと

体温調整がしにくくなっており

その状態で秋の寒暖差を体験すると

うまく体温調節をすることができず

自律神経が乱れてしまいます。

 

しかし、クーラーをつけっぱなしでも

運動習慣がある方は自律神経が乱れにくく

秋バテになりにくい傾向があります。

 

秋は頭痛・腰痛・ひざ痛が増える

秋は台風が増えて気圧の変化が多くなり

内耳が気圧の変化を感知すると

脳にストレスに与えて交感神経を興奮させ

頭痛や腰痛、ひざ痛などの古傷の痛みを

活性化させて痛みを感じさせてしまいます。

スポンサーリンク

自律神経の乱れを戻す方法

交感神経編①

運動習慣がない方はいきなり運動するはしんどいので

歩くときに少し歩幅を広げてあげるようにしてください。

 

交感神経編②

お風呂から出る時にぬるま湯を膝から下にかけてください。

徐々に冷たくしていくと交感神経を整えるのにおすすめです。

 

副交感神経編

寝る前に白湯を飲みます。

副交感神経を高めて速やかに寝ることができます。

きちんと寝ることでも自律神経を整えることができます。

 

おすすめの食材

大豆製品がおすすめです。

たんぱく質が基礎代謝を高めて

体の基礎を作ってくれます。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク