ゲンキの時間

【ゲンキの時間】認知症を克服・改善「スマヌ」チェック法!軽度認知障害!MCI!【8月19日】

「こころ」の名医が教える 認知症は接し方で 100% 変わる!

8月19日の健康カプセルゲンキの時間では

認知症を克服として

軽度の認知症は治ることを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

軽度の認知症は改善できる

認知症になってしまうと治らないそうですが

その前駆段階の軽度認知障害(MCI)だと治る可能性があるそうです。

認知症には大きく分けて3種類あり

アルツハイマー型認知症のMCIの方を指します。

 

軽度認知障害とは?

軽度認知障害の見分け方は

自立した生活ができるかできないかです。

物を忘れるや一日中探し物をしてしまうや

お買い物や調理ができないなどの傾向はありますが

日常生活はできる状態のことを指します。

 

おもな症状は

  • 少し前のことでもよく忘れなども同じ確認を繰り返す。
  • 数週間前の大きな出来事を忘れてしまうことがある。
  • 「ながら仕事」が難しくなる。

などが挙げられます。

 

スマヌチェック法

認知機能が衰えやすい人は

筋肉と脳の感覚神経が鈍くなっていますので

その感覚神経が鈍っていないか確認します。

 

やり方

①背中に「ス」「マ」「ヌ」を描いてきちんと認識できるかチェックします。

 

②文字をランダムに6回書き、間違いが3回以上あると要注意です。

感覚神経が鈍っているかもしれません。

 

軽度認知障害の克服法①

軽度認知障害を克服する第一歩として筋トレがあります。

認知障害の人は脳と感覚神経がうまくつながっていないので

筋トレをすることで脳と筋肉をつなぎなおしてあげます。

 

筋肉に意識をさせながら行る

本山式筋トレが紹介されました。

強い負荷を筋肉にかけたほうがより認識できるので

鍛える筋肉に意識をしたトレーニングをすることが大切です。

スポンサーリンク





認知症の方が何時間も徘徊して歩けるのは

筋肉と感覚神経がうまく連携していないので

疲れることが認知できていないのです。

 

軽度認知障害の克服法②

音楽療法や芸術療法です。

今まで使ってこなかった頭の使い方をするのが重要です。

やったことがないことをすることで認知機能の向上ができます。

 

もの忘れと認知症の違い

もの忘れ:何を取りに来たのか思い出せない。

認知症:何をしようとしていたのか思い出せない。

 

もの忘れ:昨日の夜何を食べたか思い出せない。

認知症:食べたことを忘れている。

 

行為自体を忘れると認知症予備の可能性があります。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です