5秒トレで燃えよ! 内臓脂肪

7月15日の健康カプセルゲンキの時間では

メタボリックドミノを倒さないとして

内臓脂肪の危険性を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

いいポッコリお腹

ポッコリお腹にもいいのと悪いのがあり

内臓脂肪が100cm2を超えているのが悪いポッコリです。

見分け方として洗濯ばさみでつまめれば

皮下脂肪なのでいいポッコリです。

 

腹囲が男性なら85cm、女性なら90cmを超えていると

内臓脂肪の危険性があります。

 

メタボリックドミノとは?

メタボリックドミノとは

1列目に内臓脂肪

2列目に高血糖、血圧上昇、脂肪肝

3列目に糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肝炎

4列目に失明、腎不全、認知症、脳卒中、心疾患、がん

 

という風に内臓脂肪が起点となって

それが2列目の症状を倒してしまい

さらに病気になって、より重大な病気を引き起こしてしまいます。

 

内臓脂肪が悪いわけ

暴飲暴食などで腸が炎症すると

隣接している内臓脂肪に炎症が移ります。

内臓脂肪が炎症すると「悪玉ホルモン」を分泌し

様々な臓器に飛び火して体に障害を起こします。

スポンサーリンク

内臓脂肪改善プログラム

①1日20分のウォーキング

運動することで筋肉、心臓、血管から

内臓脂肪を燃焼させるホルモンが出ます。

それによって内臓脂肪がつきにくくなります。

特にウォーキングは食事前に行ってください。

 

②間食を控え空腹感を作る

空腹感は内臓脂肪が減るサインです

空腹のときは胃から脂肪を燃やすホルモンのグレリンが出ます。

 

③根菜類を食べる

根菜類を食べることで食物繊維がとれ

私たちは消化できないですが

腸内細菌のえさになり

脂肪を燃やす物質をたくさん作ってくれます。

 

④食べる時炭水化物は最後

炭水化物の糖質は吸収されやすいのでそれを減らし

食べる時には最後にすることで

吸収をゆっくりにできます。

 

これらの4つを意識して2週間生活するだけです。

 

まとめ

生活習慣病防止のためにも

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク