ゲンキの時間

【ゲンキの時間】姿勢改善法「壁スクワット」!カメタイプ・ゴリラタイプ!若返り!肩こり改善!【4月1日】

ねこ背なおして 健康ボディー 1日1分! 姿勢改善エクササイズ (NHKまる得マガジン)

4月1日の健康カプセルゲンキの時間では

姿勢で若返り&体の痛み改善として

姿勢の改善法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

姿勢で見た目年齢が変わる

姿勢が悪いと顔にしわがよって

さらにはほうれい線が目立つので

見た目よりもかなり年上に見られます。

 

しかし、姿勢をよくすることで

皮膚が引っ張られて若々しく見られ

さらにはお腹も細く見えます。

 

見た目以外にも頭はボーリングの玉くらいの重さがあるので

姿勢が悪いと肩こり、首こり、腰痛などの原因となり

逆流性食道炎なども引き起こしてしまいます。

 

姿勢が悪いタイプは2種類

姿勢が悪い人にはカメタイプとゴリラタイプがあります。

 

カメタイプ

カメタイプとは骨盤が後掲しており頭が前に出ているタイプで

いわゆる猫背のようになっている人です。

カメタイプは肩こり、首こり、背中痛になりやすくなっています。

 

カメタイプチェック

①壁に向かって椅子に座ります。

 

②つま先とひざを壁につけます。

 

③膝をつけたままで立ち上がれればOKです。

 

ゴリラタイプ

ゴリラタイプはハイヒールを履く人に多く

骨盤が前傾しており反り腰になっています。

お尻が突き出ている感じです。

メタボの人も反り腰になりがちです。

そのため腰痛になる人が多いです。

 

ゴリラタイプチェック

①足を肩束に開いて片足を一歩前に出します。

 

②膝を曲げながら腰を下げます。

 

③前に出した足の膝は90度で

背筋が曲がらないように注意します。

 

④ゆっくりと膝を伸ばして元の位置に戻ります。

もう片足も同様に行います。

スポンサーリンク





姿勢改善「壁スクワット」

カメタイプ・ゴリラタイプ両方に効きます。

 

やり方

①壁に向かって肩幅に足を開き、つま先をつけます。

 

②手を頭の後ろで組んで

お尻を突き出すように膝を曲げます。

 

③ひざが軽く壁に触れるくらい曲げます。

姿勢に関係する筋肉を同時に鍛えることができます。

 

後ろに倒れそうな人は壁に手をついてください。

 

1セット5回、1日3セット行ってください。

 

座ったまま姿勢改善「巻きタオル」

①バスタオルを丸めて巻きタオルを作ります。

 

②椅子の背もたれの下に置いて

お尻の後ろ半分をタオルにのせて座ります。

 

③傾いた骨盤が正しい位置に戻って姿勢が改善されます。

 

姿勢でダイエット

姿勢を保つために筋肉を使うので

基礎代謝が上がってダイエット効果もあります。

一瞬で治ることを期待せずに

長い目で行ってください。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です