たった1℃が体を変えるほんとうに健康になる入浴法 (角川フォレスタ)

11月26日の健康カプセルゲンキの時間では

いいふろの日として

1度の違いが大違い!

健康になれる入浴法として

症状の違いによる最適な温度を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

入浴による効果

お風呂に入ることで人の表面積は

約1.4㎡で水深50cmで計算すると

約700kgの水圧がかかっています。

 

水圧の影響で手足にたまった

血液やリンパ液が押し戻されて流れがよくなります。

 

42℃が自律神経の境界線

42℃以上だと交感神経が活発になり

41℃以下だと副交感神経が活発になります。

これを使って症状別の入浴法を

1℃の方程式と呼んでいました。

 

1度の方程式の解

肩こり・腰痛改善

41℃×10分が筋肉を柔らかくしてくれます。

 

呼吸器改善

42℃×5分がおすすめです。

交感神経を刺激して気管を広げてくれます。

また熱めの蒸気を吸うことで気管が広がるので

42℃以上の蒸しタオルで鼻を温めてあげるものおすすめです。

スポンサーリンク

冷え改善

41℃以下で15分がおすすめです。

42℃以上だと血管が収縮し血流が滞り

さらには汗をかくので体温が下がるのが早くなってしまいます。

 

熱いお湯に入る方法

熱いお湯が好きで入りたい人は

まずは低い温度で体を慣らして

そこから熱いお湯で下半身を温めてから

全身浴をするのがおすすめです。

 

急激に血圧が上がるので

血管への負担が大きいので要注意です。

 

まとめ

お風呂の温度を細かく気をつけてなかったので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク