手首サポーター 手関節 スチール副子 固定 手首の痛み 捻挫 腱鞘炎 手根管症候群 キーンベック (左手用)

9月13日のガッテンでは

新・現代病!世界に広がる謎の痛みとして

スマートフォンサムが特集されました。

チェック法などを教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

謎の手首の痛みとは?

今までは手首の腱鞘炎は工場勤務の人や

ピアニストの方などに起こる症状でしたが

最近は一般の方にもその症状が現れるようになりました。

 

この謎の手首の痛みは「スマートフォンサム」と呼ばれており

スマホやパソコンなどの電子機器を使用することで起こります。

「サム」とは親指(thumb)のことです。

 

手首が痛いのに親指が原因なのです。

 

スマートフォンを使うために

親指をフリックさせることは

とても親指に負担がかかっているのです。

スポンサーリンク

手を開いてはなすときに手首の筋肉を使っており

つかむ筋肉に比べて小さく離れています。

この筋肉が動くときに腱が動き腱鞘とこすれて

痛みが出てしまう人がいます。

 

手首の痛みを和らげる方法

パソコンの場合はタオルなどをクッションにして

手首の下においてください。

 

また、筋肉ではないので揉んでは逆効果で

休めてあげるのが大切です。

 

まとめ

手首が痛むと困るので

参考にしたいと思います。

スポンサーリンク