がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん"の話

10月17日のガッテンでは

生存率が2倍に!すい臓がん超早期発見として

すい臓がんを早期発見できる方法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

すい臓がんの早期発見

すい臓がんは早期発見が難しいがんで

すい臓がんが発見されると末期のことが多く

5年生存率はとても低いですが

1cm以下の超初期に発見することができれば

5年生存率は80%以上にもなります。

 

しかし、放射線科のスペシャリストの先生でも

すい臓がんを初期に見つけるのは難しいがんです。

 

主な検査装置は「CT」「MRI」「PET」「エコー」等があります。

しかし、CTやMRI、PETはとても高価な機械で

全国の病院にある所は少ないですが

エコーは全国の80%以上の病院で設置されています。

スポンサーリンク

エコーですい臓がんの早期発見ができる

膵臓には主膵管という膵臓の消化液が出てくる場所がありますが

膵がんや膵がんになりそうな人は

主膵管が太くなっています。

さらには「すいのう胞」があるすい臓がんがある人が多い可能性が高いです。

 

これらの症状があった人は

エコーで定期検査をすることが重要です。

 

エコー検査を受けるべき人

  • 家族にすい臓がんの経験者がいること。(特に50歳以下で発症している人はよりリスクが高いです。)
  • 慢性膵炎。(診断されてから4年以内の人はリスクは高いです)
  • 糖尿病。(診断されてから2年以内の人はリスクが高いです)
  • 飲酒。(アルコールは膵臓に負担が高いです、缶ビールを1日3本以上飲む人は要注意です)
  • 喫煙。(様々な臓器に負担がかかっている可能性があります。)

これらの中から2つ以上当てはまる人は要注意です。

 

まとめ

膵臓は本当に怖いので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク