NHKガッテン! がんばらないで健康長寿に!最高のラク効く体操 (生活シリーズ)

10月3日のガッテンでは

血糖値がみるみる下がる!謎のポーズで体質改善SPとして

1週間に2回で血糖値に効くポーズを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

血糖値を下げる運動

血糖値を下げるには有酸素運動と筋トレが推奨されています。

有酸素運動は1日30分を週5日行うことで

糖が消費されて血糖値が減りやすくなります。

筋トレは糖が多く使われて血糖値が減りやすくなります。

 

血糖値を下げるポーズ

毎日筋トレと有酸素運動を続けることはなかなか難しいですよね。

今回のガッテンでは不思議なポーズを

20分×週2回行うことで血糖値を下げることができます。

 

番組では血糖値が142mg/dlの人が数か月で86mg/dlにダウンし

すごい人は330mg/dlだった人が2か月で160mg/dlになっていました。

お腹周りもスッキリしていました。

 

血糖値を下げるポーズとは

1回10秒かけて行う超スロースクワットです。

スポンサーリンク

超スロースクワットの効果

超スロースクワットを行っても

筋肉量はあまり増えません。

しかし、通常の筋トレで増える速筋ではなく

ゆっくりと動かす遅筋が増えてくれます。

 

お魚でいうと白身魚は速筋の筋肉で

マグロなどの赤身の魚は遅筋の筋肉です。

ゆっくりしたトレーニングを行うと

白い速筋に変化が起こって赤い筋肉が増え

桃色の筋肉が増えてきます。

 

赤い筋肉はミトコンドリアによって赤くなっており

脂肪を減らして糖を消費してくれて

糖と脂肪のダブルに効く筋肉になってくれます。

 

桃色筋肉

スロースクワットを3か月行って

桃色筋肉を増やした人たちは

運動することで筋肉でも酸素が使われて

糖を消費できるようになります。

 

赤い筋肉は脂肪を消費する筋肉。

白い筋肉は糖を消費する筋肉。

ピンクの筋肉は糖と脂肪を両方消費する筋肉になってくれます。

スポンサーリンク

ピントレの正しいやり方

ピントレは暑い寒い関係なく行えるので

ウォーキングよりも続けやすいですが

正しい方法でやることが重要です。

高血圧と膝が悪い方や

 

やり方

①足を肩幅より広めに広げて立ちます。

 

②つま先は30度くらい外に向けて膝も同じように向けます。

 

③ひざがつま先より前に出ないようにします。

 

④バランスを取るために両手を前に出します。

 

⑤10秒かけてゆっくりと膝を90度くらいまでしゃがみます。

この時息を止めずに10秒数字を声に出して数えます。

 

⑥2秒キープして立ち上がります。

 

10回を3セット行ってください。

 

椅子を使ったピントレの正しいやり方

安定した椅子を2脚用意します。

 

やり方

①椅子を後ろにおいて転倒防止にします。

 

②手前に椅子(机でもOK)を置いて支えにします。

 

③この補助を置いた状態で上記のスロースクワットを行ってください。

 

まとめ

ちょうどダイエット中で血糖値を気にしており

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク