肥満症の生活指導行動変容のための実践ガイド

8月29日のガッテンでは

超ピンポイントダイエットとして

3%ダイエットを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

肥満解消に3%ダイエット

日本肥満学会の診療ガイドラインでは,BMI値25以上を肥満としており

体重を減らしてBMI値を25より下にするように指導されていましたが

最新のガイドラインでは体重の3~5%を落とすことで

肥満による疾病を予防改善できることがわかってきました。

 

現体重の3%を落とすことで血糖値,脂質、血圧の改善が見られます。

体重の3%とは体重が70kgの人で2.1kgと少し頑張れば落とせる程度の体重です。

また、3%ならリバウンドもしにくいのも特徴です。

 

肝臓の脂肪を減らすのがポイント

肝臓の脂肪から放出されるヘパトカインという

超悪玉ホルモンが全身の筋肉の糖や脂肪を取り込みにくい状態にしており

脂肪肝の状態だと太りやすくばてやすい状態になってしまいます。

 

しかし、肝臓の脂肪はダイエットを行うと最初に落ちる脂肪なので

現在の体重から3%減らすことを目標にダイエットをすることで

脂肪肝を改善してメタボ改善につながります。

 

1日50gダイエット

スポンサーリンク

1日50gを減量することを意識したダイエットです。

1日あたり300kcalを減らすことで1日50gを減らす目安になるので

ガッテンでは100キロカロリーカードを使い

1日このカード3つを選んで1日300kcalを減らすダイエットが紹介されました。

 

100キロカロリーカードのダウンロード

100キロカロリーカードはガッテンのHPからダウンロードできます。

 

まとめ

血圧や血糖値も下がるのはすごいですね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク