呼吸と姿勢の新法則 呼吸ストレッチであるべき姿にカラダリセット! (主婦の友生活シリーズ)

4月11日のガッテンでは

肺ストレッチで体が変わる!呼吸コントロールSPとして

呼吸が楽になる肺ストレッチを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

呼吸回数と健康の関係

普段の呼吸が減ることは

健康にいいことが分かってきました。

呼吸回数が減ると冷え性の方も

ポカポカして来るとのことで

肩こりも解消、血圧を下げる効果も期待できます。

 

さらには快眠やストレス減の効果も期待できます。

 

深呼吸が体にいい理由

1分に12回の呼吸した場合は

ほとんどの人が血圧が下がることが分かっています。

平均で8.3程度下がってくれます。

 

さらには呼吸中枢と

ストレスを検知する偏桃体がかかわっており

ストレスを軽減する効果も期待できます。

 

今回のガッテンでは

普通の呼吸が深呼吸のようになる方法を教えてくれました。

スポンサーリンク

呼吸を減らす方法

肺自体は自身で大きくなったり

縮んだりすることはできません。

横隔膜や胸郭の筋肉によって膨らみます。

これらの筋肉が硬くなってくると

浅い呼吸で呼吸数が増えてしまいます。

 

つまり、これらの筋肉を柔らかくしてあげることで

深い呼吸を自然と行うことができるようになります。

 

吸う筋肉のストレッチ

①胸の高さで両手を軽く組みます。

 

②ゆっくり息を吸いながらできるだけ前に腕を突き出します。

背中は逆に思いっきり後ろに伸ばします。

吐くときは鼻でも口でも大丈夫です。

 

③吸いきったら元に戻します。

 

1度に2~3回を何度か行ってください。

 

吐く筋肉のストレッチ

①両手を軽くお尻の上で組みます。

 

②顎を上げて息を吐きながら

斜め下へ思いっきり伸ばします。

 

上体は動かさないようにします。

 

こちらも1度に2~3回を行ってください。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク