きょうはロシア料理

8月23日のバイキングでは

モリクミこと森公美子さんが

ロシア料理のボルシチと

ピロシキの作り方を教えてくれました。

2つの材料を一緒に作ることで

時短になって簡単に作れます。

備忘録として紹介します。

 

目次

モリクミのボルシチとピロシキのレシピ

ビーツの缶詰めを使うことで

簡単に作ることができます。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

<ボルシチ>

牛小間・・200g

たまねぎ・・100g(1/2個)

にんじん・・50g ※1/3量をピロシキへ

塩・胡椒・・適量

米油・・大さじ1

ビーツ(缶詰・スライス)・・120g

ビーツの汁・・100cc

コンソメ・・小さじ1/2

水・・400cc

水切りヨーグルト(乳脂肪0)・・適量

 

<ピロシキ>

【A】

牛小間

たまねぎ

にんじん

※ボルシチで炒めた1/3量

 

クミンパウダー・・小さじ1/8

カレー粉・・小さじ1/2

パセリ・・少々

塩・・適量

ロールパン・・2個

天ぷら粉・・50g

水・・60cc

揚げ油・・適量

 

作り方

<ボルシチ>

①たまねぎは薄切りにし

にんじんは千切り

ビーツは太めの千切りにします。

 

②米油で牛肉を炒めて

たまねぎ、にんじんを加え

塩・胡椒をします。

1/3量をピロシキ用にボールに分けておきます。

 

③②の残った具材にビーツ

ビーツの汁・水・コンソメを入れて

6〜7分煮ます。

 

④お皿に盛って

水切りヨーグルトを添えれば完成です。。

 

スポンサーリンク

<ピロシキ>

①【A】をボールに入れて

カレー粉・クミン・パセリ

塩を加え混ぜます。

 

②パンのはじをちぎって

指を押して中に空洞をつくります。

そこに①を詰めて

くり抜いたパンを戻し蓋をします。

 

③天ぷら衣を濃いめに溶き

パンをくぐらせて

約180℃の油で揚げます。

 

④ お皿に盛れば完成です。

 

まとめ

ビーツは夏バテ予防にいいとのことで

この時期にぴったりですね。

まだ、暑い日が続きますので

ロシア料理で乗り切りたいと思います。

 

「せっかち」はウマ(美味 上手)い!  料理は本能、味は煩悩 (HERS book)

「せっかち」はウマ(美味 上手)い! 料理は本能、味は煩悩 (HERS book)

 

 

スポンサーリンク