味の素 業務用 レンジ若鶏唐揚げ 1袋(600g)

8月11日の得損こと得する人損する人では

家事えもんがお弁当に入れて

冷めてしまってもサクサクジューシーな

から揚げの作り方を教えてくれました。

ブライン液やコーンフレークの衣が特徴で

備忘録として紹介します。

 

目次

家事えもんの唐揚げのレシピ

砂糖と塩で作ったブライン液に

漬けこむことでジューシーに仕上がり

コーンフレークの衣が

冷めてもサクサクで美味しいままです。

 

材料

スポンサーリンク

鶏もも肉・・400g

長ネギ(青い部分)・・1本

卵・・1個

コーンフレーク・・100g

 

<ブライン液>

水・・100cc

砂糖・・5g

塩・・5g

 

<下味>

めんつゆ・・大さじ3

みりん・・大さじ1

しょうがチューブ・・大さじ1

 

作り方

①鶏もも肉を柔らかくするために

フォークで刺してもも肉を一口大に切ります。

4~5cm角がちょうどいい大きさです。

 

②ブライン液の材料を合わせて

保存袋などに入れて鶏もも肉も加えます。

 

③さらに長ネギの青い部分を

縦に切ってから1㎝幅に切り

ブライン液の中に一緒に入れて

冷蔵庫で15分寝かせます。

 

④15分寝かせたら<下味>の材料も加えて

良く揉み込んでから

さらに15分冷蔵庫で寝かせます。

 

⑤コーンフレークを袋に入れ

ラップの芯などで5㎜くらいの大きさになるように

ある程度の大きさまで砕きます。

 

⑥味付けした鶏肉の余分な液を捨て

溶き卵を加えて鶏肉をコーティングします。

 

⑦卵をつけたらコーンフレークの袋に入れて

ギュッと押し付けて衣をつけます。

 

⑧フライパンに1㎝の深さまで油を入れ

170℃に熱して揚げ焼きにします。

表2分、裏3分揚げれば完成です。

 

スポンサーリンク

ブライン液の効果

砂糖が水分を保持してくれて

塩で表面を固くするので

ジューシーに仕上がります。

 

長ネギの効果

タンパク質分解酵素が肉を

柔らかくしてくれます。

長ネギだけじゃなく

玉ねぎ、大根、しょうが、ピーマン

にんにく、セロリでも同じような効果があります。

 

下味の黄金比

めんつゆ:みりん:しょうがを

3:1:1が黄金比で

生姜焼きなど色々使えます。

 

まとめ

コーンフレークの衣で作ると

サクサクになるのですね。

ブライン液は結構活用していたのですが

今度はサクサクも目指して作ってみようと思います。

 

スポンサーリンク