3月3日の得する人損する人では

神の舌を持つ男のサイゲン大介こと

うしろシティの阿諏訪さんが

あの有名店のちゃんぽんの味を

家庭でもできる材料で再現してくれました。

簡単なので紹介します。

 

リンガーハットのちゃんぽんの再現レシピ

今回はちゃんぽんのチェーン店の

リンガーハットの人気No1メニューを

再現してくれました。

 

サイゲン大介は

「○○を入れ○○で野菜をボイルしたら再現できる」

といっており

家庭にもある2種類の食材を使って

あのリンガーハットのちゃんぽんのスープを

再現してくれました。

 

リンガーハットのちゃんぽんと言えば

あのスープがやはり味の秘訣ですよね。

 

リンガーハットのスープと言えば

豚骨ベースの野菜と魚介の出汁ですが

これを豚骨を使わずに再現しました。

 

材料

  • 水・・500ml
  • 牛乳(成分無調整)・・50ml 
  • 中華だし(練タイプ)・・小さじ1
  • 醤油・・大さじ2
  • 白コショウ・・少々
  • 砂糖・・小さじ1
  • 干し貝柱のだし(顆粒)・・大さじ1
  • 塩・・ひとつまみ
  • うま味調味料・・小さじ3/4
  • つけ麺用太麺・・1玉

 

スポンサーリンク

<具材>

  • 玉ねぎ・・80g
  • さつま揚げ・・40g
  • かまぼこ・・20g
  • 枝豆・・15粒
  • コーン・・15g
  • キャベツ・・60g
  • にんじん・・20g
  • もやし・・80g
  • 長ネギ・・20g
  • 豚バラ肉(2cm幅にカット)・・40g
  • 小エビ・・30g

 

作り方

①湧いたお湯に醤油、砂糖、塩、うま味調味料、白コショウを入れます。

 

②次に中華だしの練タイプを入れ、干し貝柱のだし(顆粒)を入れます。

 

③牛乳を入れ、スープに枝豆とコーン以外の具材をすべて入れ、5分程煮ます。

 

④野菜をボイルしている間、別の鍋で麺を約5分茹で、ゆであがった麺を常温の水で洗ってから器にうつします。

 

スポンサーリンク

⑤具材と一緒に煮込んだスープを注いで、最後に枝豆とコーンをトッピングしたら完成です。

 

ポイント

中華だしは顆粒ではなくて

練りタイプのものを使うのがコツです。

これで動物性の油脂が入って

豚骨っぽい味になってくれます。

 

まとめ

リンガーハットはよく行く

ショッピングセンターにも入っており

結構な頻度で食べていますので

ぜひ試してみたいですね。

 

とりあえず、干し貝柱のだしと

麺を買いに行かないといけませんね。

 

 

スポンサーリンク