武双庵 常温 12本 もっちりあげ 120g 南関あげ

2018年7月1日の男子ごはんでは

料理研究家の栗原心平さんと国分太一さんが

熊本のご当地グルメの南関揚げ丼の

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

南関揚げ丼のレシピ

熊本の名産の南関揚げをどんぶりにしています。

 

材料(2人分)

南関揚げ・・3枚

アサリ(砂抜き済み)・・400g

卵・・2個

わけぎ・・2本

 

【A】

かつおだし・・400cc

しょうゆ・・大さじ4

砂糖・・大さじ1.5

酒・・大さじ1

みりん・・大さじ1/2

 

【B】

片栗粉・・小さじ2

水・・小さじ2

 

韓国のり・・適量

温かいご飯・・2人分

 

作り方

①南関揚げは4等分に切ります。

 

②卵は溶いて、わけぎは1cm幅にの斜め切りにします。

 

③鍋に【A】のかつおだしを煮立てて

その他の【A】の材料を加えます。

 

④再び沸いてきたらアサリを加えて煮ます。

アサリの口が開いたら煮汁とアサリに分けます。

アサリは殻から身を取り出します。

スポンサーリンク

⑤煮汁に南関揚げを入れて落し蓋をし中火で10分煮ます。

 

⑥よく混ぜ合わせた【B】を加えて素早く混ぜながら

煮詰めてとろみをつけます。

 

⑦わけぎ、アサリの身を加えてひと煮します。

 

⑧わけぎがくたっとしたら溶き卵を回し入れ

お好みのかたさまで加熱します。

 

⑨ごはんをどんぶりに盛って⑧をかけ

ちぎった韓国のりを散らして完成です。

 

まとめ

めちゃくちゃおいしそうですね。

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク