ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく横浜 

2019年2月9日の嵐にしやがれでは

千鳥の大吾さんとノブさんがゲストで登場し

横浜中華街デスマッチ対決が開催され

めちゃくちゃおいしそうですので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

広東家庭料理 愛群「牛バラ肉ご飯」

牛バラ肉を中華鍋で下茹でし

高温で揚げて旨味を閉じ込めて

ねぎや八角などの調味料を加えて

とろっとろに煮込みます。

 

青菜が乗ったご飯の上にかけた一品です。

箸を入れただけでお肉がほぐれます。

 

謝甜記「八宝粥」

朝8時にかかわらず行列ができるお店です。

1日700杯売れる中華粥が人気のお店です。

食べ応えのある水分量の少ない生米に

干し牡蠣、丸鶏を煮込んで旨味を吸わせます。

 

えび、カニの爪、ホタテなどの海鮮に

揚げパンを加えた八宝粥が紹介されました。

 

広東料理 吉兆「活きあさりそば」

しょうゆやにんにく煮干しエキスで20日間かけてつくったしょうゆだれがポイントです。

大粒のアサリを加えて紹興酒を加えて一気に炒めます。

鶏がらと豚骨のスープを加えて

アサリの旨味を最大限に引き出します。

 

のど越しのいい中太麺に盛り付けた

活きあさりそばが紹介されました。

スポンサーリンク

 

保昌「牛バラ肉カレーご飯」

中華街で20年以上愛されるカレーライスです。

大量の牛バラ肉を中国醤油などで7時間煮込みます。

さらにシャンタンスープがポイントで

炒めた玉ねぎとシャンタンスープを合わせ

トロトロの牛バラ肉、豆板醤で作ったカレーライスです。

 

東北人家「東北人家焼きそば」

中華ファンがこぞって訪れるお店です。

日本のソース焼きそばと違って

スープで煮込んだ甘みのある味付けです。

豚のヒレ肉とねぎを強火で炒め

親鶏、鶏がらスープ、豚骨スープを加えて

中国醤油、中太の中華麺を加えて煮込んだ焼きそばです。

 

京華樓「魚の青山椒麻辣煮込み」

中国で15年以上の料理経験を持つエリート集団のお店です。

豆板醤、唐辛子の味噌漬けを炒めて

にんにく、唐辛子の粉、キャベツなどを炒め合わせ

鶏がらスープを加えたものに

プリプリの素揚げした白身魚を加えます。

 

さらにここに本場の青山椒を加えることで

山椒の爽やかな辛味としびれが楽しめます。

 

まとめ

めちゃくちゃおいしそうですね。

ぜひ食べに行ってみたいです。

 

スポンサーリンク