世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-

2018年6月9日の嵐にしやがれでは

長瀬智也さんと高橋一生さんが登場し

カレーデスマッチ対決が開催され

めちゃくちゃおいしそうですので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ガヴィアル「シーフードカレー」(東京・神保町)

カレー激戦区の神保町のガヴィアルが紹介されました。

北海道産の玉ねぎを12時間煮込んで

さらに12時間寝かせます。

そしてさらに12時間じっくりと炒めれば

極限の玉ねぎペーストの完成です。

 

15種類のスパイスで作ったソースと合わせればカレーのでき上がりで

あさりなどの魚介だしと合わせた

シーフードカレーが紹介されました。

 

青藍「スパイシーチキンカリー」(東京・高円寺)

開店してまだ半年ですが

客が押し寄せるので整理券が配られるほどです。

鼻に抜けていく感覚が癖になるそうです。

 

和風だし、野菜と20種類のスパイスを加えたカレーと

6種類のスパイスを炒めたものと合わせたカレーです。

スポンサーリンク

うな達「ポークカレー」(東京・池袋)

ウナギ屋さんのこだわりのカレーです。

毎週金曜日はカレーの日として

この日のカレー注文率は100%です。

 

三十数年前にまかないで出したカレーだそうですが

お客さんが食べて評判が良くて

毎週金曜日に出すようになりました。

 

だいぜん「純サバカレー」(鳥取県・鳥取市)

鳥取名物の塩サバを使ったカレーです。

サバ節、サバのあらを40分火にかけてだしを取り

玉ねぎとオリジナルスパイスを加えてカレーを作ります。

 

さらにサバの竜田揚げと鳥取県産の

野菜をのせたサバカレーです。

 

カフェハイチ「ドライカレー」(東京・中野)

伝説のドライカレーのお店として紹介されました。

一度は閉店したのですがお客さんの要望で復活しました。

牛豚の合いびき肉と15種類のスパイスのカレー粉を炒めて

玉ねぎ、にんじんも水分が飛ぶまでしっかりと炒めます。

 

オリジナルの調味料をかけて1晩寝かせたら完成です。

 

水織うどん「北本トマトカレー」(埼玉県・北本市)

全国カレーグランプリ優勝のトマトカレーです。

上品な甘みが特徴の北本トマトを使用し

にんじんやトマト、豚ひき肉と

トマトペーストを合わせて30分火にかければカレーの完成です。

 

北本トマトを肉巻きにしてあげたトッピングをし

トマトライスとともに盛り付けたカレーです。

まとめ

めちゃくちゃおいしそうですね。

ぜひ食べに行ってみたいです。

 

スポンサーリンク