なでしこ農園 国産バルサミコ2種類セット「バルサミコサバ&甲州バルサミコ・ネロ(セット)」

10月7日の満天☆青空レストランでは

MCの宮川大輔さんとゲストのラブリさんが

山梨県笛吹市を訪れて

国産のバルサミコ酢を特集して

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

バルサミコ酢とは?

バルサミコ酢はイタリアの特産品で

アチェート・バルサミコとも呼ばれ

バルサミコは芳香性があるという意味で

アチェートは酢という意味です。

 

バルサミコ酢はぶどうを原料としており

木の樽で12年長期熟成をすることで

バルサミコ酢の特徴的な香りが造られます。

 

また、この長期熟成の際には木樽に入れると

だんだんと自然蒸散して量が減っていき

小さい樽へと移し変えて熟成させます。

このときの樽の木の種類を変えることで

様々な味わいのバルサミコ酢が誕生します。

 

国産のバルサミコ酢のお取り寄せ

なでしこ農園さんの国産のバルサミコ酢は

Amazonや楽天、Yahooショッピングでも購入できます。

 

バルサミコサバ&甲州バルサミコ・ネロ

 

バルサミコサバ&甲州バルサミコ・ホワイト

 

青空レストランの公式のお取り寄せも

ぜひチェックしてみてください。

青空レストランお取り寄せ

 

バルサミコ酢の製造方法

バルサミコ酢はイタリア政府の品質保護委員会が定めた

原産地管理呼称法(DOP)によって、原産地と製法が決められており

国産のバルサミコ酢はとても貴重なのです。

 

その作り方は、ぶどうを収穫して果汁を搾り

その果汁を煮詰めることで糖度の高い果汁にします。

 

なでしこ農園さんでは2度果汁を煮詰める作業をし

1度目の酒石落としでは糖度が45度になり

2度目の煮詰める作業では糖度が60度にまでなります。

 

糖度が60度までなったものをモストコットといい

ぶどう酵母が発酵することができなります。

 

なでしこ農園さんではこのモストコットに

ワインとワインビネガーを配合して

母なる樽に入れて3年熟成させます。

 

その後3年ごとに小さい樽に移し替えて熟成させて

バルサミコ酢が出来上がります。

 

スポンサーリンク

ワインビネガーとの違い

ぶどうを原料として作られるお酢ならば

ワインビネガーも同じではないかと思うでしょうが

ワインビネガーはぶどうの果汁を搾ったら

ぶどう酵母によってアルコール発酵させてワインもろみを作ります。

 

このワインもろみに酢酸菌を添加することで

ワインビネガーは作られます。

 

なでしこ農園のバルサミコ酢のお取り寄せ

 

バルサミコサバ&甲州バルサミコ・ネロ

 

バルサミコサバ&甲州バルサミコ・ホワイト

 

スポンサーリンク

バルサミコ酢を使ったレシピ

今回の青空レストランでは

  • カボチャスープ
  • アイス
  • オムライス
  • 酢豚

などを教えてくれます。

 

まとめ

高級なバルサミコ酢はとても高いので買ったことなかったですが

バルサミコ酢の素晴らしさを知ったら

ぜひ食べてみたくなりました。

 

スポンサーリンク